吉川直哉展「Family Album」


 

認知症の父と、アルバムを見ながら話す時がある。 記憶の欠如を援助する写真という存在を、 貴重に思う。

吉川直哉の「family Album」は、作者自身の家族写真を複写し、別の物語をつ くりあげた作品だ。

近親である他者と、眼を重ね内にはいり、作家は昭和を再び呼吸してい る。

それらを見る私たちは、自らの記憶に重ねあわせ、作品世界に遊び、迷い込む。

(企画 佐藤香織)

 

 

 


どのご家庭のアルバムも同じだと思うのですが、いろいろな写真が貼ってあって、そのネガなどはほとんどないのが現実でしょう。

ぼくはそのあやふやさが記憶に似ていて、それら写真(貼られたプリント)は、記憶のあやふやさを補う物だと考えています。

最終的には、正確な記憶というものはなく、“想い出”が写真とともに織り綴られているのが、写真アルバムだと思うのです。

(吉川直哉)

 

 ▶Text for Family Album 

 

 

 

 

吉川直哉 Naoya Yoshikawa

略歴

1961年  奈良県生まれ。

1984年  大阪芸術大学 芸術学部 写真学科 卒業

1998年~1999  リトルギャラリーOSAKA参画(大阪市西区)

1989年~1995  毎夏、Southampton Master Photo Workshopで学ぶ  

    (サウスパンプトン大学、アメリカ合衆国 ニューヨーク州)

1991 ならフォトワークショップ企画立案

1992 Young Japanese Photographers企画立案、運営(沖縄、北海道、奈良、ニューヨークにて14回開催)

1996年  大阪芸術大学 大学院 芸術文化研究科前期課程修了修士号取得(芸術文化学)

20002001 文化庁派遣芸術家在外研修/サウスハンプトン大学美術・メディア学部 客員研究員

     (アメリカ合衆国、ニューヨーク州)

2001年  アンセル・アダムズ 写真センター 招聘講演(アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ市)

2003年  東北アジア国際大学生写真作品コンペティション委員会参画(延辺大学、中華人民共和国吉林省延辺市)

2004年  チビテラ・ラニエリ財団アーティスト・イン・レジデンス5週間招聘フェロー

     (イタリア ウンブリア州ウンベルティデ)

2012年  4回大理国際写真フェスティバル 招待(中華人民共和国雲南省大理市大理古城)

2015年  秋吉台国際芸術村アーティスト・イン・レジデンス

2015年 フェローシップ・アーティスト(山口県美祢市)

2016年  大邱写真ビエンナーレ2016 芸術監督(大韓民国、大邱広域市)

2017年  よしとみフォトフェスティバル2017(京都府南丹市八木町)  ※以降毎年参加

                    7回大理国際写真祭 招待(中華人民共和国雲南省大理市)

                    17回平遥国際写真祭 招待(中華人民共和国山西省晋中市平遥県平遥古城)

      18回ニューアート芸術祭 招待(ドイツ・ポーランド各地)※以降毎年参加

2018     第7回国際写真プロジェクトZED招待(チェコ共和国ナホード市)

      18回平遥国際写真祭 招待(中華人民共和国山西省晋中市平遥県平遥古城)  

      延辺国際写真文化週間 招待(中華人民共和国吉林省延吉市)

                 仁川アジア海洋メディア祭2018招待(大韓民国仁川広域市) ※2019年共

2019年   三休橋筋通国際学生フォトフラッグプロジェクト プロデュース(大阪市)

                       葛城アート2019参画(奈良県葛城市)

個展

1983年  コダック・クワダ・ギャラリー(大阪府大阪市)

      NHKギャラリー(奈良県奈良市)

1985年  ピクチャー・フォト・スペース(大阪府大阪市)

1988年  心斎橋SONYグリーン・ガーデン(大阪府大阪市)

     リトル・ギャラリーOSAKA(大阪府大阪市)

1990年  ギャラリー・クォーレ(大阪府大阪市)

1994年  ギャラリー・イシス(京都府京都市)

1995年  ギャラリー・イシス(京都府京都市)

      Fine Arts Gallery Southampton College, L.I.U. (アメリカ合衆国 ニューヨーク州)

      Avram Family Gallery for Fine Arts(アメリカ合衆国 ニューヨーク州)

      ギャラリー・アート・グラフ(東京都中央区)

      ピー・バンク・ギャラリー(北海道札幌市)

1998  クオヅコ芸術文化センター(ポーランド ドルヌィ・シロンスク、クオヅコ

1999年  グダニスク美術大学ギャラリー(ポーランド、グダニスク)

      ウォームジャ芸術文化センター(ポーランド ポドラシェ、ウォームジャ)

2000     フォトギャラリー051(大韓民国、プサン)

      ギャラリーLUX(大韓民国、ソウル) 

2002年   新宿ニコンサロン(東京都新宿区)

      大阪ニコンサロン(大阪府大阪市)

2004年  チビテラ・ラニエリ・センター(イタリア ウンブリア州ウンベルティデ)

2006年  スタジオ・アーカ(大阪府大阪市)

2008年  ぎゃらりーきょうばて(奈良県奈良市)

2010年  ギャラリー・アーティスロング(京都府京都市)

2012年  銀海山水間(第4回大理国際写真フェスティバル、中華人民共和国雲南省大理市)

2014年  ギャラリー・アーティスロング(京都府京都市)

2017年  展区7回大理国際写真フェスティバル、中華人民共和国雲南省大理市)

      棉纺织2楼(第17回平遥国際写真フェスティバル、中華人民共和国山西省晋中市平遥県

受賞・顕彰

第5回日本グラフィック展写真部門協賛企業賞

            クオヅコ芸術文化センター顕彰(ポーランド共和国)

                  延辺大学芸術学部 顕彰(中華人民共和国)

             7回大理国際写真連盟主席大賞受賞(中華人民共和国)

作品収蔵

                    インド写真芸術センター(ムンバイ)、日本写真図書館(アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市)

                     西安美術大学中華人民共和国陜西省延辺大学芸術学院(中華人民共和国吉林省)

                     塩江美術館(現・高松市塩江美術館)、クオヅコ芸術文化センター(ポーランド共和国)

     グダニスク美術大学(ポーランド共和国)、ウォームジャ芸術文化センター(ポーランド共和国)

                    国立博物館 ウォームジャ分館(ポーランド共和国)、ポズナン美術大学(ポーランド共和国)

                    スウビツェ芸術文化センターGALERIA OKNOポーランド共和国) ほか

著作・作品集

                    動の国(198510月、自家版)

                    森の記憶(199810月、自家版)

                Tomorrow is Today(199911月、Tomorrow is Today展実行委員会刊、共著)

              Naoya Yoshikawa201210月、自家版)

                Seeing Oneself20129月、Seeing Oneself日本展実行委員会刊、共著)/

                Naoya Yoshikawa  Family Album201410月、自家版)

                わたしたちの仕事(20153月、共著)

         Family Album1961/2017201810月、57部限定ZINE

                     Tomorrow is Today(199911月、Tomorrow is Today展実行委員会刊、共著)

                     Naoya Yoshikawa201210月、自家版)

                     Seeing Oneself20129月、Seeing Oneself日本展実行委員会刊、共著)/

                 Naoya Yoshikawa  Family Album201410月、自家版)

                     わたしたちの仕事(20153月、共著)

                     Family Album1961/2017201810月、57部限定ZINE

 

Artist HP    https://www.naoyacamera.com/

 

 

 

 


 

吉川直哉展「Family Album」

Naoya Yoshikawa Exhibition [Family Album]

2020. 5.1(Fri)-5.16(Sat)   水曜休廊 / Wednesday Closed

12:0019:00   Lastday17:00